自毛植毛は植毛後の自由度が高い植毛法

薄毛を解消する場合、育毛のほかによく利用されるのが植毛です。通常、植毛は人工毛と呼ばれる毛を植毛する場合が多いのですが、近年増えてきているのが自毛植毛と呼ばれる植毛の方法です。

海外では当たり前のように行われている術式で、有名人なども多く利用しています。

 

自毛植毛は読んで字のごとく自分の髪の毛を薄い部分に植毛するやり方で、一度植毛した毛が定着するとその毛は抜けることなく生え続けるとゆうメリットがあります。

 

薄毛の原因は、男性型脱毛症と呼ばれる症状が原因なのですが、その脱毛症の影響を受けていない毛が頭には残っています。

特に後頭部や側頭部に生えている毛は影響を受けにくいため、その部分の皮膚ごと毛を取り、株分けして薄い部分に植毛するわけです。

 

影響を受けていない毛は他の場所に移植しても脱毛症の影響を受けないため、95%くらいの高い確率で頭皮に定着してくれます。

 

それに自分の細胞を移植するわけなので、拒絶反応も無く非常に安全な増毛法だと言えます。

移植して髪が生え揃うまで約半年~一年くらい時間はかかりますが、人工毛にくらべ非常に自然な増え方をしますから違和感なども無いのも自毛植毛の良いところです。

 

それと人工毛の場合、一度植毛してしまうと髪の色や長さを変えることが非常に難しいのですが、自毛植毛の場合には髪がどんどん成長して伸びていきます。

色を変えたりパーマをかけたりすることも自由に出来ますので、そういった点でもメリットが大きい植毛法だと言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ