育毛ミストが育毛剤とは違う4つのポイント

日本ではたくさんの育毛剤があります。

そんな育毛剤の中でも知名度はそんなに高くないながらも、世界的には高い評価を受けた育毛剤があります。

 

それがm-1育毛ミストという育毛剤です。

m-1育毛ミストは、第7回毛髪研究会議において、世界46ヶ国250の演題の最優秀賞を受賞した育毛剤です。

 

世界毛髪研究会議というのは、3年に1度開催される毛髪業界では最高権威の会議で、毛髪関連の最新情報の発信場所と言われています。

 

このm-1育毛ミストには、他の育毛剤とは違うポイントが4つあります。

 

1つ目は『毛乳頭細胞内のミトコンドリアATPを増加させる』ということ。

これは発毛シグナルを発信させる効果を持つ物質で、動きの鈍くなった毛根を活性化させることが出来ます。

 

2つ目は『発毛シグナルを受信する繊毛を伸ばせる』というもの。

この繊毛が発毛シグナルを受信することで、毛母細胞に発毛の指令を送ることが出来るのです。

 

3つ目は『発毛因子FGF-10の増加』。

これは、頭皮の改善を行い発毛・育毛の下地を作る働きをする物質です。

頭皮という土壌が悪ければ、いくら発毛しても意味がありませんから、非常に重要です。

 

4つ目は『毛乳頭・毛母細胞の活性化』です。

発毛や育毛の司令塔とも言えるこれらの二つを活性化させることで、しっかりとした育毛が可能となります。

 

このような効果を持つm-1育毛ミストでも万能ではなく、ホルモンが影響するAGA型の薄毛には効果がないのです。

しかしながら、そうでなければ非常に効果的な育毛剤です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ