育毛ミストが毛髪を蘇らせる原理とは

男性型脱毛症(AGA)に悩む方は多く、数々の育毛剤や発毛剤も発売されています。

育毛専門のサロンやクリニックもあり医療施設であるクリニックでも専門外来を設けている所もあります。

 

最近AGAに対して多くの成功例を上げている製品に、男性ホルモン(ジヒドロステロン)を抑制するフィナステリドや血管拡張剤であるミノキシジルがありますが、これらは他の病気の治療に使われていた治療薬に発毛効果がある事が分かり、脱毛治療の薬剤として流用されているという経緯があります。

 

男性ホルモン(ジヒドロステロン)の増加が頭髪の薄毛に影響しているのは明らかなようですが、最近発売されて効果を発揮しているM-1育毛ミストは全く発想が違います。

 

加水分解酵母」が主成分になり、ジヒドロステロンの増加により出来上がってしまった脱毛因子の発信する「脱毛シグナル」によってストップした毛乳頭細胞に、もう一度「発毛シグナル」を送り、毛髪を再び甦らせようという仕組みなのです。

 

加水分解酵母は毛乳頭細胞にある「繊毛」を伸ばす効果があります。

この繊毛が発毛シグナルを発信する場所なのです。

 

こういったメカニズムでの育毛効果を上げるのです。

M-1育毛ミストは複雑な原因が絡み合って起きるホルモンバランスの異常とはあまり干渉せず、毛根そのものに影響を与えて発毛を促します。

 

ここ最近の発毛、育毛事情とは一線を画した方法による育毛剤であると言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ